Return to site

ものづくり補助金 平成29年度補正予算2次公募開始~9月10日締切

9月10日締切。10月下旬に合格発表

平成29年度補正予算ものづくり補助金2次公募がスタートしました。以下ポイントを記載します。合格発表は10月末と予想します。

【公募期間】 平成30年8月3日(金)~9月10日(月)〔当日消印有効〕
※ 10月中を目処に採択公表を行う予定です。

 本事業の事業実施期間は、交付決定日から平成31年1月31日(木)までになります。事
業計画がこの期間内になっており、発注、納入、検収、支払等のすべての事業手続きが完了で
きる予定の方が応募申請の対象となります。

なお、実績報告書の提出期限も同日ですので、報告書の作成準備も適切に行ってください。

補助率等に大きな変更なし

補助率等には大きな変更はありません。

●企業間データ活用型:補助率2/3 上限1千万円

●一般型:補助率1/2 上限1千万円

    但し、先端設備導入計画または経営革新計画の承認により

    補助率2/3にアップ

●小規模型:補助率1/2 上限5百万円

    但し、小規模企業、小規模事業者に該当する場合は

    補助率2/3にアップ

加点項目に平成30年7月豪雨の被災企業が追加

 加点項目としては下記のとおりです。集中豪雨の被災企業であることが加点項目とされました。これらは重複適用が可能ですので、できるだけ多くの加点を狙うべきです。

特に先端設備導入計画は必須と考えた方が良いです

①先端設備導入計画(固定資産税ゼロ政策をとっている市町村に限る) 

②経営革新計画の承認 または 経営力向上計画 または 地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認(この3つの中で複数の承認を取得してもダブルカウントはありません)

③総賃金1%の賃上げに取組み

④小規模企業または小規模事業者

⑤「平成30年7月豪雨」の被災企業(直接・間接)

スケジュール感

恐らく、下記のようなスケジュール感です。11月末に交付決定が下りてから2か月間で機械装置等の発注、納品、支払いを完了させなければなりません。

非常にタイトなスケジュールですので十分に注意が必要です。

9月10日 申請期限(確定)

10月中 発表(確定。おそらく10月末)

11月末 交付決定(予想)

 1月末 事業実施期限

詳しくはコチラ

現時点では、各都道府県の公募要領は発表になっていません

参考版が公表されていますのでご参照下さい

   ↓

  https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/29mh_2koubo20180803.pdf

当法人のサポートはコチラ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly